キーワード検索

Q.年収証明書類とはどのようなものですか?

貸金業法に基づき、本借入希望枠と他社を含めた無担保借入残高の合算が100万円を超える場合、または弊社ローンのご利用残高とすでにお持ちのカードキャッシングご利用枠もしくは本借入希望枠の合計が50万円を超える場合、年収を証明する書類として、以下いずれか1点コピー(直近のもの)をご提出いただくこともございますので、あらかじめご了承ください。

個人事業者の方は、本借入希望枠と他社を含めた無担保借入残高の合算額などに関わらず、年収を証明する書類2点のコピー(直近のもの)が必要となります。ご入力されました勤務先の情報に基づき、後日弊社より個人事業者の方であるかを確認させていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

年収を証明する書類が必要になる場合は、後日弊社よりご連絡いたします。カード発行は証明する書類のご提出後となります。


<年収証明書類とは>

【給与収入・年金受給の方】

以下いずれか1点のコピー(直近のもの)

・源泉徴収票

・給与の支払明細書(直近2ヵ月分)

・確定申告書(税務署の受領印があるもの・電子申告の場合は受付番号があるもの)

・納税通知書(年収もしくは所得金額の記載があるもの)

・年金証書(年金額の記載があるもの)

※源泉徴収票・給与の支払明細書には企業名・氏名・発行年月日が確認できるものに限ります。

【個人事業者の方】

以下の2点のコピー(直近のもの)

(1)確定申告書B第一表(控え)

※税務署の受領印があるもの・電子申告の場合は受付番号があるもの

(2)以下のうちいずれか1点

・青色申告決算書(控え1ページ目)・・・青色申告されている方

・収支内訳書(控え1ページ目)

※事業計画書のご提出を別途お願いする場合がございます。

※税務署の受領印があるものに限ります。

詳細は以下をご覧ください。

キャッシングご希望の方へ

質問ID:1202

2016年03月14日に更新されたQ&Aです。

このQ&Aに対する評価にご協力ください。